日曜大工で自動車修理

自分で自動車を修理する

自動車保険に関する情報

自動車の補修について

自動車に擦り傷やぶつけた後がある場合、見た目だけではなく、その部分の塗装が剥がれ、フレームの腐食につながることもあり、補修を行う必要があります。軽い擦れ程度であれば、ディーラーや車専門店で市販しているカラータッチペンを使用します。カラーが一致するように、ボディの色番号を控えておくとよいでしょう。色が落ちた部分に色を載せ、表面を保護します。大きなへこみなど、手作業で直らないものに関しては、修理の専門家に依頼しましょう。へこんだり、擦れた部分を平らに戻し、再塗装する必要があります。修理には1週間以上かかる場合もありますが、代わりの自動車を用意している店が多いので活用しましょう。

すり傷程度なら自分で直せます

軽い自動車の傷なら自分で直せます。行けるかなーとちょっと狭い道に入ってしまったばかりに擦っちゃった、という人も多いでしょう。自分の車の車幅は把握しているつもりでも、予期せぬ障害物があって当たってしまったという経験は誰にでもあるでしょう。傷を見る度にそのことを思いだして後悔してしまいますよね。車修理工場などに持っていくと、意外と高いので気軽に直せません。そんな時はホームセンターなどで売っている修理キットと自分の車と同じ色のスプレーでも驚くほど綺麗に直せます。国産の自動車の場合、ほとんどの車種の色が発売されているので、似た色ではなくキチンと専用の色を使うと綺麗になります。